ともかくゲームの日々

今やっているゲーム&やってたゲームの進行(愚痴?)的な日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

順平侯サブデッキその1 呉ワラワラ

昨日は東京の三国志大戦のメッカ『池袋GIGO』に行って来ました。w
自分が行ったときはfan114さんの大激戦のリプが上がってました。
ちなみにお店でのプレイ結果はサブICで、
4勝1敗でした。(顔良ゲット。w)
帰り際、リアルfan114さんを見かけた!!!w(実は二回目)
その後よく行くアドアーズでSR黄月英も引いたし、いい一日でした。
今日は前にも言っていました、
呉のワラワラデッキ
を再度紹介します。(前に一度旧ブログに解説したものを再編集しただけの手抜き。w)
かなり長文なので、皆さん覚悟をw
C陳武、C丁奉、C朱治、C韓当、C凌操、C潘璋、C呂範
槍兵x2 弓兵x4 歩兵x1
なんと最高武力は丁奉の6。しかも残りの武将の殆どの武力は3以下。
こんなデッキでも今や2~3品レベル戦いが可能です。

基本的コンセプトは当初は全武将が○○さんのようなコモンデッキを組みたいな~と思ったのと、陳武って意外に強いし、弓兵を使いなれたいなと思って構築、弓兵多数のCOM専用デッキでした。
それがたまたま全国大戦をやった際に意外な強さを発見し、いつの間にかサブデッキのメインデッキの1つに。w
(その数日後、よく行くゲーセンで似たデッキで覇王になった人がいたってことは秘密。w)

基本的な攻め方は、槍兵二体を先頭に弓兵でのサポート、武将を各個撃破しながら進撃するような感じかな?(あまり詳しくデッキの内容を教えるのもなんなので。)
まぁ正直、かなり感覚やアドリブで攻めてるからなんともいえないけどね。

初期配置は槍兵二人+朱治を前線に配置し、その後ろに他の弓兵3人、呂範は相手のデッキしだいで配置を変更というのが基本的なこのデッキに配置パターンになります。
序盤は弓兵と陳武&潘璋のダブルワイパーで前線を上げていきます。
この際朱治、潘璋の二人を前線(伏兵堀り)
そのすぐ後ろに陳武、呂範(牽制+伏兵をなるべく狙った武将に向かって進ませる。)
そしてさらに後ろにサポートで弓兵3名が控えます。
弓兵三体のサポート攻撃+陳武&潘璋ワイパーは伏兵を掘りに来たR姜維でさえ瞬殺したことも。w

ちなみにこのデッキは火計以外は強力といえる計略が特に無いので相手に何かしらの必殺の計略をされるとかなり苦しい試合展開になりやすいです。w
特にキツイのがRカクカの後方指揮などをやられるとはっきり言ってどうにもなりません。(あの少ない志気で、武力が4も上がれば正直各武将の武力が低いこのデッキはかなりキツし・・・)
また、弱体化の計をやられるとほとんどのキャラが知力が低い上武力が低いので乙です。w
ただ、号令系であれば僕らの勇者王陳武が漢の意地で総狩りしてくれます。
しかも、陳武は勇猛を持っているので積極的にワイパーをして一騎打ち狙いするのもありです。
ただ、相手プレイヤーが勇猛を持っていたら意味がないですけどね。w
ちなみに弓兵が大半を占めるこのデッキでは連環はさほど怖くありません。

このデッキでよく使う計略は実は呂範の火計より陳武の漢の意地や丁奉の麻痺矢戦法の方が使います。
漢の意地は相手の超絶強化系もしくは自城に張り付いてる敵武将を倒すのにとても有効です。ただ、槍兵の移動スピードでは逃げられてしまう可能性が高いので要注意。w

序盤が優位に攻めれることが多いので、中盤~終盤のプレイングが鍵になってきます。
ただ攻城させないと言う意味では7武将もいる上、弓兵が4体もいるから皆さんが思っている以上には楽ですが、それでも結構キツいですよ。w

ちなみに、兵法は再起の法
正直他の兵法でもいいかなぁ~って思っていた時期がありましたが、
開幕終了を狙う際に『呉軍の大攻勢』
弓兵メインだから『連環の法』
辺りもいいかなぁって思いましたが、何だかんだで再起の法が安定してるしいいかなぁと。

長文になりましたが、まぁ自分のサブデッキはこんな感じです。
スポンサーサイト

テーマ:三国志大戦 - ジャンル:ゲーム

  1. 2006/01/13(金) 03:05:51|
  2. 三国志大戦
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saisyuu.blog42.fc2.com/tb.php/8-3ddbdcad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。